株式会社ピアックス(PIAX) ピアノ塗装職人の技が生み出す漆のような深みのある光沢と質感の鏡面塗装は特注家具や木製品塗装にもおすすめです。

製作事例ギャラリー

ピアックスボードや特注品塗装など
ピアックスの製作事例を一部ご紹介。

ウレタン鏡面仕上げとウレタン吹上(全艶あり)比較

ウレタン鏡面仕上げ3年経過後

  • カテゴリ:
  • 鏡面塗装
  • 鏡面塗装カテゴリ一覧へ
  • 材質:
  • ポリウレタン
遠目から見ると、弊社の仕上げたウレタン鏡面仕上げとウレタン吹上(全艶あり)比較違いは、一見わかりません。
しかし、よく比べてみると、右側のウレタン吹上(全艶あり)の方は、ホコリ(赤丸部分)が目立ちます。左側のウレタン鏡面仕上げは、ホコリがめだちません。この違いは、塗面を平滑にするための”研ぎ”工程を入れないため起こります。価格にかなりの差がでますので、お客様の要望や用途により使い分けをおすすめいたします。
ウレタン鏡面仕上げの場合、仕上げ直後は蛍光灯が蛍光灯が鏡のように映り込んで見えすが、塗料がポリエステル塗料よりも柔らかく、塗膜ヤセが起こりやすいため、経年変化により下の凹凸が表に現れてきています。

【POINT】弊社の場合、下研ぎをベルトサンダーという機械設備で行うため、ウレタン吹上げ(全艶あり)より綺麗に仕上がるとお客様からご評価いただくことが多いです。弊社基準で「ウレタン吹上げ(全艶あり)」としているものが、他社基準では「鏡面仕上げ」と呼ばれてこともあるようです。

鏡面仕上げと艶あり比較(全体)

IMG_0050.jpg

鏡面仕上げと艶あり比較(アップ)

IMG_0050-1.jpg