株式会社ピアックス(PIAX) ピアノ塗装職人の技が生み出す漆塗りとは一味ちがった深みのある光沢と質感の鏡面塗装は特注家具や木製品塗装にもおすすめです。

当社の塗装技術

確かな職人技、おもわず『触れたくなる』質感。

ピアノ塗装で培ったノウハウ

ピアノ塗装出身の塗装会社は長引く不況で次々と倒産に追い込まれ、楽器の街と呼ばれる浜松市ではこの技術を持ち合わせるのは、大手を除き弊社を含め数社のみとなっています。全国的に見ても、ポリエステル樹脂の扱いが難しいため、このポリエステル樹脂を使ったピアノ鏡面塗装ができる会社は、現在限りなく少なくなっています。

ピアノの鏡面塗装は、車の外装の素材として用いられてる樹脂や金属などとは違い、植物である木に塗装します。木材は材種により導管が深かったり、ヤニ成分が多かったり、油分があったり個性があります。材種に応じた塗装方法・工程を踏まなければ綺麗な仕上げができません。また、木材が水をどの程度含んでいるかで塗料の浸透量、塗装の仕上がり具合、塗膜耐久性などに強く影響します。弊社は、創業より木工塗装一筋。約80材種以上の塗装経験があり膨大なノウハウがあります。

鏡面塗装のご案内

ピアックスの歴史

会社の生い立ち

ピアノの指導者の方や、音大生などの上級者からの評価も高いピアノ、DIAPASON(ディアパソン)。
そのピアノを作ったのが現在のヤマハの基礎を作ったと言われている日本のピアノ作りの名工として誉れ高い人物「大橋幡岩(おおはし はたいわ)」[1896~1980]です。その人に惚れ込んで、一緒にディアパソンピアノブランドを確立したのが、当時資産家であった浜松楽器工業株式会社 設立者「馬渕真蔵」です。

その昔、DIAPASON(ディアパソン)は、浜松楽器工業株式会社が製造販売していました。大橋幡岩がピアノの原理原則を理解し尽くした観点から『理想のピアノ』を追い求め、ヨーロッパの一流楽器製作会社の方針と同じように、量産体制をとらない、『理想のピアノ』を作り上げました。しかし、時代が合わず経営が苦しくなりました。 そんな中、突然不慮の死が「馬渕真蔵」を襲いました。当時浜松楽器に役員として務めいた、馬渕の弟である弊社先代社長の小原七郎(旧姓:馬渕)は、経営を引き継ごうとしました。しかし、浜松楽器工業株式会社の従業員規模を引き継ぐだけの資産がなく断念せざるを得ませんでした。

一方「ディアパソン」は、1986年某大手楽器メーカーが、営業権の譲渡を受け、株式会社ディアパソンを設立し、現在も生産され続けています。

会社が吸収される際、ディアパソンのピアノ塗装をしていた技術者長谷川さんと一緒に立ち上げたのが株式会社ピアックスの前身である「長原美工(長谷川+小原)」です。

某大手ピアノメーカー下請け時代

先代の社長から仕事を引き継ぎ、ピアノの塗装下請けをしていたときには、従業員は社長含め18名いました。
当時は従業員の人数分のピアノ塗装ができれば生産性が高いと言われていたそうです。
製造工程、機械の応用等を工夫して、日産20台セット塗装できていました。会長談なので裏付けはないですが浜松のピアノ塗装業界では、一番仕事が早いと言われたそうです。

  • 木工塗装一筋。鏡面塗装を知り尽くした職人が仕上げる“ピアノ鏡面塗装”
  • 独自技術 酸化しない鏡面塗装内埋め込み技術
  • ピアックスの“色”へのこだわり
  • 特注塗装(ウレタン塗装他)

塗装するものから探す

鏡面塗装鏡面塗装の塗装事例をみる

塗装物

広葉樹・銘木と呼ばれるもの。

  • さくら
  • バーズアイ・メイプル(高級木目の楓)
  • マホガニー
  • シカモア
  • トチ
  • けやき
  • 黒柿
  • 黒檀(エボニー)
  • ウオルナット
  • ローズ・ウッド(インドローズ、アンデスローズ、ブラジリアンローズ(ハカランダ))
  • ブビンガー
  • サペリ
  • チーク
  • ナトー
  • コア(アカシヤ系)

など

特徴

ピアノのような深みと光沢を放つ塗装。鏡のように姿が映り込みます。鏡面塗装はいわば、木工塗装の最高ランク、塗装の王様です。

ピアノ(ポリエステル)鏡面塗装とウレタン鏡面塗装2種類対応可能です。

事例
  • 某スーパーブランド店内什器
  • 高級マンション玄関扉
  • 高級キッチン扉
  • 某高級個人住宅什器
業界
  • ファッション業界
  • 建築業界
  • デザイン業界

ピアックスボードピアックスボード

塗装物

硬い木やアルミなどに下記を貼り付けます。

  • 写真
  • 絵画
  • 和紙
  • 落ち葉

など

特徴

写真や絵画などを貼った上から厚く塗料を塗り重ね研磨し、ピアノのような鏡面塗装にする塗装法。空気に触れない状態になり塗膜内に埋め込んだものが酸化しづらいため、劣化に強いのが特徴です。

事例
  • 高級キッチン扉
  • 浜松市役所市長おみやげ品
  • 浜松市文化振興財団記念
  • 出産祝い
  • 還暦お祝い
業界
  • ブライダル業界
  • 写真業界
  • おみやげ業界
  • 楯業界

特注塗装特注塗装

塗装物

主に木製品(広葉樹・針葉樹)。例えば「家具」など。室内向けであれば金属にも塗装可能。

  • 組み上がり前
  • 組み上がり後
特徴

指定色の塗装を1点から対応可能。ウレタン塗装のため、ラッカー塗装に比べ水に強く、耐久性に優れています。

事例
  • 店舗特注家具・什器
  • 公共施設什器
  • 店舗什器
業界
  • 官公庁関係
  • 店舗

塗替え塗替え

塗装物

木製の家具など

  • テーブル
  • カウンター
  • ソファー
  • 椅子
  • ベッド
  • お盆
  • 座卓
特徴

無垢材の場合、木地が出るまで古い塗装を剥離してから再塗装するため新品同様にまで仕上がる。

事例
  • 店舗什器塗替え
  • 玄関扉
  • ダイニングテーブル
  • 椅子
  • お盆
  • 座卓
業界
  • リフォーム
  • 工務店
  • 家具店